不眠症には市販の漢方がいい!治すためのおすすめ6選

睡眠の病気

毎日疲れているはずなのになぜか夜は全然眠れない。そんな辛い日々を送っているあなたのために、ここでは不眠症を治すための市販でおすすめの漢方を紹介しようと思います。

疲れているのに眠れなくて、そのせいで寝不足でさらに疲れて…という負のスパイラルを根本的に断ち切るには漢方は最適です。あなたが毎日ぐっすりと快適な睡眠をとれるように、ぜひ参考にしてください。

不眠症を治す市販のおすすめ漢方6選

それではお手軽に購入できる不眠症に効果的なおすすめの市販の漢方を紹介していきます。漢方は不調の原因により調合が変わると説明しましたが、不眠症だけでも様々な種類があります。

不眠症と言っても人によってその根本的な原因は異なります。ストレスが原因の方もいれば、貧血や疲れやすい体質が原因の方もいます。それぞれに最適な漢方がありますので、あなたにあったものを選びましょう。

お手軽に楽してスムーズな寝つきとスッキリな朝が手に入るおすすめの睡眠サプリはこちら

1.柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

主にストレスが原因の不眠症にはこの漢方がおすすめです。これは人間のストレスを緩和してくれる効能があります。日々のストレスを取り除き、自律神経を安定させる効能が期待できます。

ストレスにより脳が刺激されて興奮状態にあるために不眠症となってしまいます。体にこもった熱を冷まし、心を落ち着かせる効能により、脳の興奮状態から解放することで不眠症を改善することができます。

2.加味帰脾湯(かみきひとう)

貧血持ちで普段から疲れやすい体質の方は眠りが非常に浅くなってしまう傾向があります。そんな場合にはこの漢方がオススメです。寝ても疲れが取れず、毎日寝た気がしない毎日を改善してくれます。

この漢方には人間の消化器官に働きかけて活力を与えてくれる効能があります。体の調子が根本的によくなります。さらに、気持ちを落ち着かせて精神を安定させる効能もあります。日頃の疲れやすさもまとめて解消です。

3.抑肝散(よくかんさん)

夜はなぜか神経が高ぶって、変に頭も冴えてしまい寝つきが非常に悪いという方にはこの漢方がおすすめです。この漢方には入眠効果を高める作用があり、毎日の寝つきをよくすることができます。

さらに、寝酒がやめられずに迷っている方にもおすすめです。不眠症で処方される漢方の中でも代表的な漢方の一つです。赤ちゃんの夜泣きにも効くといわれているほどの不眠症特化型漢方です。

4.抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)

これは抑肝散と同じ効能が期待できる漢方ですが、胃腸が弱い人向けに少し調合が変えられています。体の弱い方向けの寝つき改善漢方ということです。体の弱い方にとっては逆にこちらのほうがよく効きます。

吐き気や嘔吐症状のある方にも効果的な漢方です。寝つきが悪くて、胃腸も弱いという方はぜひこの漢方を試してみてください。不眠症改善だけでなく、体の調子もよくなるでしょう。

5.加味逍遙散(かみしょうようさん)

こちらは眠りが浅くて悩んでいる方向けの漢方です。いくら寝ても寝た気がしなくて疲れがとれなかったり、夜に頻繁に目を覚ましてしまいぐっすり眠れない、という方にはこれがいいでしょう。

この漢方には血流をよくする効果があり、より深くてぐっすりな睡眠をとれるようにもなります。冷え性にお悩みの女性にもおすすめです。眠れはするけどすぐに目が覚めてしまう方はぜひともこれを試してください。

6.半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)

これは精神が不安定で不安感に襲われて眠れないような不眠症にお悩みの方におすすめの漢方です。不眠症というよりはうつ病に近い症状ではありますが、そういった状態にはこれです。

不眠症だけでなくうち病自体にも非常に効果的な漢方となっています。会社でのストレスなどで少しうつ気味な状態になってしまって悩んでいる方は、ぜひともこちらを試してみてください。

寝心地のいい敷布団の7つの選び方で腰痛も改善

2017.03.18

寝つきが悪い夜を改善!すぐ眠りたいあなたのための14の対策

2017.02.21

そもそも漢方とはどういうものか

そもそも漢方というものがどういうものなのかを説明しておこうと思います。まず、漢方は睡眠薬ではありません。つまり、寝る前に漢方を飲めばすぐに眠たくなってぐっすり眠れる!というものではありません。

漢方の主な効果は人間の体のバランスを整えて不調を治す、というものになります。不調の原因により漢方の調合は変わりますが、その不調の原因を根本から正して改善していくことができます。

根本から睡眠の質を改善して毎日安定して気持ちよく眠れるおすすめの睡眠サプリはこちら

 

漢方の特徴としては「効き始めるのが遅い」という点があります。これは体のバランスを根元から整えるには時間がかかるからです。ですが、しっかりを継続することでその効果も確かなものになります。

漢方を飲むときの注意点

最後に漢方を飲みにあたる注意点も説明しておきます。漢方は確かな効能がある有能な薬ではありますが、その効き目はやはり遅いです。風邪薬などの飲めばすぐに効果が出るものではありません。

ですが、しっかりと続けることであなたの身体を根本的に改善できます。ですので、必ず長期的に考えて飲み続ける!ということを意識してください。焦りは禁物です。気長にやりましょう。

漢方だけじゃない!睡眠にいい成分で体の内側から改善できる睡眠サプリはこちら

不眠症を自力で治す!薬なしで簡単にできる20の改善策

2017.03.26

まとめ

不眠症を治すための市販のおすすめ漢方や漢方の基礎知識を紹介してきました。あわせて漢方の注意点についても紹介しました。漢方は初心者の方からすると、まずは名前がよくわからなくてとっつきづらいでしょう。

覚えづらいし、どんな効能があるのかわかりづらいし、で選びにくいですよね。それでも日本で大昔から愛され続けている薬なのです。よくわからないなりにもまずは使ってみてください。もう漢方が手放せなくなるかもしれませんよ。