短時間睡眠のコツはこれ!短い時間でもスッキリ満足できる方法

短時間睡眠

長時間ぐっすり寝てスッキリとした朝を迎える、というのは一つの休日の醍醐味かもしれません。私自身も睡眠することを人生の幸福の一つとするほどの大の睡眠好きです。

ですが、その一方で「寝すぎたな~…」と起きた後に少し後悔してしまう自分がいるのも真実です。そんなときにふと考えてしまう「短時間睡眠」について紹介していきます。

短時間睡眠とはその名の通り、短い時間でスッキリできるような素晴らしい睡眠をとることですが、正しい知識とコツを把握しなければ単なる寝不足になってしまうので注意が必要です。

最初に知っておくべき短時間睡眠の注意点

まず正しい知識もないまま、ただ短時間睡眠をしてしまうと体を壊します。もはやただの寝不足がずっと続くだけの状態になってしまうからです。そんな短時間睡眠はひとときの頑張りでしかありません。必ず長続きしません。

さらに、もう一つのポイントはコツです。今まで長くぐっすりと眠っていたあなたがいきなり短時間の睡眠をとってしまうと物足りなくなるでしょう。当然、短時間睡眠がつらく感じてきます。

そこでコツというものが非常に役に立ちます。コツを押さえればスムーズに長時間睡眠から短時間睡眠に移行することができます。この移行期間が最もつらいものですので、そこをどれだけスムーズに切替できるかが成功への一番のポイントです。

正しい知識とコツをしっかり押さえてあなたも短時間睡眠をマスターしましょう!それでは具体的に正しい知識やコツについて掘り下げていきましょう。

短時間睡眠でスッキリするためには時間よりも質が重要

まずおさえてもらいたいのが「睡眠の質」というものです。睡眠の質が高ければ長時間の睡眠をとらずとも短時間でも充分な睡眠をとることができます。

睡眠の質について少し例をあげてみましょう。お酒をたくさん飲んで家に帰って眠ったとします。明日は会社も休みだから少しはめをはずしてたくさん飲んでしまった!でも次の日は休みだからぐっすり寝れる。

そして、日々の睡眠時間よりも長めに気ままに寝たとします。時間的には長時間寝れたとしても、きっとどこか物足りない気がするでしょう。たくさん寝たので眠たくはないけど、なんか体がだるいな…といった状態になります。

これはアルコールが原因です。アルコールというのは眠りの質を大幅に低下させます。その結果、眠りの質が落ち、どれだけ寝ても寝た気がせず、いまいち疲れも取れない、といった状態になってしまうのです。

飲酒後は寝れない?アルコールで睡眠が浅くなる理由

2017.03.22

ここで言いたいことは、睡眠は「時間ではなく質」ということです。質より量という言葉もありますが、睡眠においては質がしっかりしていれば量がなくても大丈夫なのです。

もうお気づきかもしれませんが、短時間睡眠を実現するには極限まで質を高めた睡眠が必要なのです。それでは短時間睡眠にあった睡眠の質の高め方について書いていきます。

毎日飲むだけでお手軽に睡眠の質を高められるおすすめサプリはこちら

短時間睡眠でスッキリできる最適な睡眠時間

短時間睡眠とはいえ、最適な睡眠時間というものがあります。これは一般的に最適とされる睡眠時間なのですべての人にあてはまるわけではありませんので、あなたも微調整しつつ最適な睡眠時間を探してみてください。

その基準としてここでは一般的に短時間睡眠で最適とされている睡眠時間について書いていきます。まずはこの睡眠時間を目安に短時間睡眠を実践してみるといいでしょう。

短時間睡眠に最適なのは4時間半!?

ずばり短時間睡眠に最適とされている睡眠時間は「4時間半」です。もし4時間半睡眠と聞いて「いつもと同じくらいだよ」とあなたは思ったのであれば、すでに世の中で短時間睡眠と呼ばれるものを実践しています。

たいていの方は6~8時間程度は睡眠をとっていると思います。それよりも少ない方よりも多い方のほうが多いでしょう。6~8時間を基準とするとやはり4時間半というのはさらに一段階短い睡眠時間になりますね。

もしあなたが毎日6時間の睡眠をとっていたとすると、それが4時間半になればどれほどの時間を捻出できるでしょうか。1日あたり1時間半です。1週間で10時間半です。1カ月では42時間です。約2日ですね。毎月2日分も自由な時間が増えることになりますね。

4時間半が最適とされる理由は?

短時間睡眠といえば「3時間」というのを連想する人もいるでしょう。ですが、これは大きな間違いです。むしろこの「3時間」で実践してしまうと体を壊す可能性が高くなります。

現代の最先端の研究でも「3時間睡眠を続けることはよくない」とされています。睡眠には深い睡眠と浅い睡眠の2種類があります。3時間睡眠ではこの深い睡眠と浅い睡眠の両方が不足してしまいます。

結果として、寝不足という状態を引き起こしてしまいます。つまりは、体を壊すという最悪の事態を引き起こしてしまうのです。いくら短時間睡眠とはいえ、人は睡眠をとらなければ生きていけません。

つまり、最低限は睡眠をとり、そのギリギリのラインを見極めよう、ということです。短時間睡眠を実践していく中でも「4時間半」は睡眠をとることを心がけてください。

日々のスムーズな睡眠とその質の向上をサポートしてくれるおすすめサプリはこちら

短時間睡眠でスッキリするために眠る時間帯にも注意したい

次は実際に睡眠をとる時間帯についてです。4時間半の睡眠をとるのですがなんとなく眠たい時に4時間半眠るだけでは短時間睡眠を成功させることはできません。実際に寝つく時間と起きる時間も重要なポイントの一つです。

今日はぐっすり眠れて疲れも取れてスッキリ!という日はよくあると思います。これは人が睡眠をとっている夜に成長ホルモンが分泌されるからです。この成長ホルモンこそが体の疲れをしっかりととる質の高い睡眠をもたらしてくれます。

睡眠中の成長ホルモンの働きがすごい

成長ホルモンと聞くと、小中学生が身長がどんどん伸びている時などにたくさん分泌されているイメージがありますね。それも本当ですが、実は成長ホルモンというのは誰もが毎日分泌されているのです。

その成長ホルモンの役割がまたすごいのです。成長ホルモンは健康な体を作り上げ、若さを保ち、美肌を作るホルモンです。さらに骨や筋肉を作り、古くなった細胞を新しい細胞に変えたり、代謝を促進したり、脂肪細胞が燃焼しやすくする働きがあります。

なんと女性であれば、バストアップや美肌(肌の修復)にもつながるというとんでもなくすばらしい働きをしているのです。バストにお悩みの女性は成長ホルモンを最大限に分泌されられる睡眠をとるのもいいでしょう。

成長ホルモンが最大限に分泌させるには

そんな万能は成長ホルモンの恩恵を最大限にうけるためにはいつ睡眠をとればよいかというところが気になりますね。ずばり23~2時です。この4時間は「睡眠のゴールデンタイム」とも呼ばれています。

このゴールデンタイムの成長ホルモンの分泌量は普段の何倍も多いです。つまり、この時間帯に睡眠をとるということが最も成長ホルモンの恩恵をうけることができるということなります。

その結果、体の疲れが驚くほどとれ、質の高い睡眠を実現することができます。23時から成長ホルモンの分泌が始まりますので、22時ごろからのんびり寝る準備をし、23時すぎには完全に就寝しているという状況を作るようにしてください。

そうすることで睡眠を開始した直後から大量の成長ホルモンが分泌され、スタートから質の高い睡眠に入ることができるのです。そこに睡眠時間である4時間半をあわせることが最も効率の良い短時間睡眠と言えるでしょう。

毎日のスムーズな寝つきを実現してくれるおすすめサプリはこちら

まとめ

最後にここまでをまとめます。短時間睡眠を実現するコツは「睡眠時間」「睡眠をとる時間帯」です。最高の時間帯に最適な睡眠をとる、これこそが短時間睡眠実現のコツです。

最適な睡眠時間は「4時間半」です。さらに最も成長ホルモンが分泌されて最高に睡眠の質を高めることができる「0時」には睡眠を開始しましょう。はじめは少し物足りなさもあるかもしれません。

ですが、まずは1~2週間続けてみましょう。すると体も自然と短時間睡眠に慣れて、ぐっすりですっきりな睡眠をとれるようになってきます。成長ホルモンはしっかりと分泌され、寝不足にならない最低限の睡眠時間も確保しています。

これが理想的な短時間睡眠と言えるでしょう。あなたも今日から短時間睡眠をマスターして自由に使える時間を増やして、人生をもっと満喫しましょう!