寝る前の瞑想で睡眠の質を上げるために知っておきたい5つのコツ

短時間睡眠

寝る前に瞑想をすることで睡眠の質を一気に上げて、短時間の睡眠でも満足できるようになります。実際に数年単位でほとんど睡眠をとらずに瞑想だけで健康的に過ごしている方もいるようです。

そんな驚きの効果がある瞑想をうまく実践するために知っておきたいコツを紹介していきます。特に道具などもいらず、すぐにでも実践できますので、ぜひ試してみてくださいね。

寝る前に瞑想するときに知っておきたい5つのコツ

それでは寝る前に瞑想するときに知っておきたい5つのコツを紹介していきます。最初はうまくできないかもしれませんが、何度も試していると、自分でもうまくできたと感じられる瞑想ができるようになるでしょう。

コツ1.静かで一人になれる空間を作る

基本的には静かで一人になれる空間が瞑想を最も実践しやすいでしょう。上級者ですと歩きながら瞑想をしたりもするようですが、まずはより瞑想しやすい環境で実践してみることをオススメします。

一人暮らしであれば夜の寝る前のベッドの上、など一人になれて静かな空間ではないでしょうか。家族がいる場合は少し難しいですが、お風呂に入っている時や、少し長めにトイレにこもる、などするといいでしょう。

コツ2.リラックスできる服装を選ぶ

瞑想では余計なことを考えないのがポイントとなりますが、服装が窮屈であれば無駄に気が散ってしまうこともあります。パジャマなどあなたがリラックスできるゆったりとした服装がおすすめです。

慣れないうちは日中のちょっとした時間に、というのは難しいと思いますので、夜にパジャマに着替えてのんびり瞑想するのがいいでしょう。もちろん、裸でも大丈夫です。

裸で寝る9つの効果!睡眠の質が高まり健康や美容にもいいらしい

2017.03.22

パジャマを着て寝ることで得られる5つの睡眠効果

2017.03.20

コツ3.体制にこだわりすぎない

瞑想と聞くと、座禅を組んでいたり、胡坐をかいていたりするイメージが多いでしょう。確かにそれもいいのですが、座禅や胡坐に慣れていない方は無駄に気が散ってうまくいかなくなってしまうこともあります。

基本的にはリラックスした楽な体制がいいです。極端な例ですと、夜ベッドに寝転がった状態での瞑想でもいいです。あなたが楽に最もリラックスした状態になれる体制で実践してください。

コツ4.何も考えないと考えすぎない

瞑想をするにあたっては確かに何も考えない、という状態がベストですが、瞑想に慣れていない方はそれも難しいでしょう。何も考えないようにしよう!ということを考えすぎてしまうこともあります。

目をつぶっていると様々な感情や考えが浮かんでくると思いますが、それらを無理矢理かき消そうとせず、思うままに巡らせてください。自然と考えも薄れていき、瞑想がうまくできるようになっていくでしょう。

コツ5.自分を客観的に見るイメージ

瞑想では自分を客観的に見れたりするようになります。あなたが抱いている感情を客観的に理解して、精神をコントロールできるようになります。ですので、自分を客観的に見るイメージが重要です。

自分を遠くから眺めているイメージです。あなたがあなたではなく、別の誰かを見るように自分を見つめてみてください。あなたが今どんな感情を抱き、どういう状況かわかり、うまくコントロールできるでしょう。

寝る前の瞑想で睡眠の質を上げると短時間睡眠でも満足できる

寝る前の瞑想でなぜ睡眠の質が上がるのか、そして、なぜ短時間睡眠でも満足できるかについて紹介していきます。実践するにあたってのモチベーションをあげるためにも、効果についても知りましょう。

お手軽に睡眠の質をあげてスムーズな寝つきとスッキリな朝が手に入る睡眠サプリはこちら

精神を安定させてリラックスできる

まずは定番ですが、瞑想することにより、精神を安定させてリラックスできます。ストレス社会のこのご時世ですが、あなたはイライラなど様々な感情を持っています。瞑想することにより、あなたが抱いている感情と向き合えます。

その結果、自分を客観視することができ、感情に流されず冷静になれます。精神が乱れた時こそ瞑想をして落ち着けましょう。乱れた精神では何をしてもうまくいきません。平常心です。

そして、瞑想を夜の寝る前に実践することで、1日でたまったマイナスの感情をリセットすることができます。そうすることでよりリラックスした状態で睡眠に入ることができ、寝つきもよくなるでしょう。

瞑想にはレム睡眠の効果が期待できる

実は瞑想はレム睡眠と同じ効果を期待できるのです。人はレム睡眠中に短期記憶の整理をするのですが、それを瞑想することにより睡眠せずとも実践できるようになります。つまり、寝なくても寝ている状態のことができるのです。

その結果、たとえ短時間睡眠であっても、ノンレム睡眠の時間が長くなり、より深くぐっすりと熟睡できる時間が長くなります。1日に何度か瞑想する時間をとることで、夜は短時間睡眠でも満足いく生活を送れます。

短時間睡眠のコツはこれ!短い時間でもスッキリ満足できる方法

2017.02.20

寝る前の瞑想は習慣化することで効果を発揮する

瞑想は一度や二度やっただけでは効果は薄いでしょう。それはうまく瞑想ができないからです。やはりいきなりうまくできるようなものでもありませんので、何度も繰り返し実践すること重要になります。

何度も瞑想をやっているうちに、どんどんうまく瞑想ができるようになってきて、その効果を発揮しだします。つまり、瞑想は習慣化してこそ意味があるのです。

1日5分などでもいいので、寝る前や朝起きた後など毎日決まった時間に瞑想する習慣をつけてみてください。徐々に瞑想がうまくなり、瞑想の時間も自然と長くなってくるでしょう。

まとめ

寝る前の瞑想で睡眠の質をあげるための5つのコツや瞑想の基本知識を紹介してきました。会社の経営者などお金持ちな方に瞑想をする習慣を持つ人が多かったりもします。デキる人ほど自分をうまくコントロールすることができます。

あなたも瞑想により精神をしっかりと安定させ、短時間でもぐっすりと深い睡眠をとれるようになるでしょう。道具もいらずお手軽にできますので、まずは1週間くらい毎日決まった時間にやってみるといいでしょう。