高齢者が夜に目が覚めて不眠気味になる原因と対策とは

睡眠の質

おじいちゃんの朝は早い!というのは今やこの世の一般常識かもしれません。早寝早起きはいいことだと思いますが、まだまだ現役バリバリで仕事をしていたりする高齢者の方々ではそうはいきません。

高齢者になっていくにつれて長時間寝ることがどんどんできなくなってくるものです。よく聞く話だと思いますが、これは事実なのです。若い頃はお昼すぎまでずーっと寝れていたのに、、、と思いますよね。

早く起きれていいんじゃないか?とも思いますが、睡眠時間が短いということは身体の回復もうまくできず、睡眠の恩恵を受けれないということにもなります。そんな高齢者の不眠が今回のテーマです。

高齢者になるにつれて勝手に夜に目が覚めてしまったりして、うまく睡眠をとることができない根本的な原因と、それを改善するための対策について紹介していきます。高齢者でも対策すればぐっすり眠れます。

高齢者になるにつれ不眠気味になる原因

理由はいくつか考えられますが、やはり最も大きな原因となるのは『体力』です。高齢者になるにつれて、若い頃に比べると体力が衰えていくものです。運動する機会も減るので仕方ないといえば仕方ないのですが、、、。

お手軽に楽してスムーズな寝つきとスッキリな朝が手に入るおすすめの睡眠サプリはこちら

 

睡眠中でも人間に身体の中は動き続けています。1日の疲れをとるために筋肉などを回復させたりもしています。様々なホルモンが分泌されて、心身の健康を保とうと必死に動き続けているのです。

つまりは、睡眠時にも回復するための体力が必要というわけです。その体力が高齢者になるにつれて衰えてしまっていることが眠り続けることができない原因となってしまっているのです。

睡眠し続けることができるずに夜に目が覚めてしまい、身体の回復も中途半端な状態で終わってしまいます。そのため、疲れたとれにくい、、、というつらい状況に陥ってしまうのです。

寝つきが悪い夜を改善!すぐ眠りたいあなたのための14の対策

2017.02.21

高齢者でもぐっすり睡眠するための3つの対策

やはり身体は資本ですので、高齢者になっても健康で元気バリバリな日常を過ごしていきたいものですよね。そのためにも、ここでは高齢者でもぐっすり睡眠するための対策を紹介します。ぜひ、お試しください。

お手軽に楽してスムーズな寝つきとスッキリな朝が手に入るおすすめの睡眠サプリはこちら

ジムに通ったりして身体を動かす

体力がないことが原因という話をしましたが、そもそも体力があればこのような状況にならないということです。ということは体力をつけるのが一番手っ取り早い根本的な解決にもなります。

なにもがっつり鍛えて引き締まったマッスルボディになってくださいというわけではありません。そこまでやれれば最高ですが、とにかく体を動かす習慣をつけるということが重要です。

ジムに通って筋トレしたりジョギングしたり方法は正直なんでもいいです。ゴルフでもいいですよ。そのかわり定期的に運動して汗をしっかりかいてください。汗をかくくらいの運動を習慣化しましょう。

食事でしっかりと栄養管理する

運動はやっぱり苦手だ、、、という方もいるかもしれません。その場合は、衰えた体力を経験からくる豊富な知識で補強しましょう。食事は身体づくりにも非常に重要な要素になります。

自己管理能力も若い頃に比べると、今のあなたは比べ物にならないくらい成長していることでしょう。食事で栄養バランスを整えるのは非常に大事です。ダイエットやトレーニングも食事が非常に重要です。

食事さえしっかりしていれば、自然と身体も健康になっていきます。タンパク質やビタミンをしっかりとって無駄な栄養をなくすだけでも、身体は引き締まっていくものです。食事で自己管理して健康な身体を作り上げましょう。

サプリメントも併用する

食事で補いきれない部分もでてくるかもしれません。高齢者になるにつれて、食べる量もどんどん減ってきたりして、1日に必要な栄養を摂取しきれないこともあるでしょう。そんなときはサプリメントです。

サプリメントと聞くと本当に身体にいいの?と思われるかもしれませんが、特定の栄養素をピンポイントで必要な量だけ摂取できるのはサプリメントだけです。まさにかゆいところに手が届きます。

あなたの普段の食生活で足りないものは何でしょうか?もっと摂取する必要がある栄養素は何でしょうか?一度しっかりと見直して分析してください。あとは足りないものをサプリメントで必要な分だけ補うだけです。

不眠症を自力で治す!薬なしで簡単にできる20の改善策

2017.03.26

まとめ

高齢者になるにつれて夜に勝手に目が覚めるようになって、不眠ぎみになってしまう原因や対策について紹介してきました。やはり体力はいくつになっても必要なものです。いくつになっても運動しましょう。

部活などのように激しすぎる運動でなくてもいいのです。汗をかいてすっきりリフレッシュできる程度の適度な運動でいいのです。いくつになっても定期的に身体を動かせる習慣を持ってください。

趣味にしてしまうのが最も手っ取り早いです。身体を動かして体力をつけて、より健康で活力のある人生にできるでしょう。心もリフレッシュできて一石二鳥です。友人も増えて交友関係も広がって一石三鳥かもしれませんね。