冷房はこう使う!暑くても快眠するためのエアコンのうまい使い方

睡眠の質

夏でもそうでない時期でも最近でも暑くて寝苦しい夜はけっこうありますよね。暑くてベタベタしてうまく寝つくことができず、寝つけないことに対してさらにイライラして余計に寝つけなくなります。

そんなときにはもはや現代人の必需品となったエアコンの出番ですね。四季による気温の変化が非常に激しい日本では、エアコンがないと一年中快適に過ごすのは難しいのではないでしょうか。

そんな万能なエアコンでも快眠という観点では、うまく使えなければかえって逆効果になってしまうこともあります。ここでは快眠するためにオススメなエアコンのうまい使い方を紹介します。

寝苦しい暑い夜でも快眠をするためには

まずはそもそも暑い夜でも快眠するためには、というところですが、やはり温度調節は非常に大切ですね。暑すぎると寝れないのは当たり前ですが、実は寒すぎても体に悪いです。

急激な温度変化は体調を崩す可能性を高めます。温度をある程度一定に保つことも大切になってきます。他にも重要なのが「湿度」です。

梅雨の時期は特にですが、湿度が非常に高くなってしまうと、睡眠時の汗がなかなか乾かずにベタベタしてきます。その不快感から寝つきが悪くなることもあります。

暑くても快眠するためのエアコン設定の4つのポイント

それではここからは暑くて寝苦しい夜でも快眠するために注意してもらいたいエアコン設定のポイントについて紹介していきます。ぜひとも今晩から実践してもらいたいです。

お手軽に楽してスムーズな寝つきとスッキリな朝が手に入るおすすめの睡眠サプリはこちら

エアコンは除湿?冷房?どっちがいいのか

まずは誰もが迷うところである除湿か冷房かの選択についてです。あなたの室内環境により多少は変わってきますが、基本的には「冷房」がいいとされています。

あとでご紹介しますが、エアコンで涼しくするにしても最適な温度というものがあります。意外と知られていないかもしれませんが、除湿ってけっこう温度が下がってしまうことがあります。

知らず知らずの間に部屋が冷えすぎになってしまうということです。より最適な温度にするためにも、除湿ではなく、冷房を選択して温度を調整するのがいいでしょう。

寝るときに最適なエアコンの温度設定

それでは寝るときに最適なエアコンの温度設定について紹介していきます。エアコンの冷房ってけっこう幅広く設定できます。マックスまで下げると18℃くらいまで下がりますよね。

たしかに夏のくそ暑い昼間なんかには18℃くらいまで思いっきり下げて快適に過ごす、というのも一つの娯楽なのでしょう。ですが、寝るときは別です。もっとあげてください。

ズバリ最適な温度は「27~28℃」くらいとされています。湿度や体質などで微妙に変わりますが、だいたいそのあたりを目安にして設定しておくと寝冷えしづらいでしょう。人間は睡眠時に体温が下がります。

そのため、寝る前で涼しいと感じているのであれば寝ている間は寒いと感じてしまう可能性が高いです。徐々に温度を上げていく「おやすみ設定」などあれば積極的に利用しましょう。

実は快眠にはタイマー設定は使うべきではない

次はエアコンでもよく使われる「タイマー設定」について紹介していきます。節電にもなりますので毎晩のように使っている方もいるでしょう。ですが、実はこれはあまりよくないのです。

寝るときはしっかり低めの温度で涼しく快適にして、とりあえず寝れればいいか、というところで3時間後くらいでタイマーの切り設定をいれている方が多かったりもします。

個人差はありますが、それで朝までぐっすり寝れればいいのですが、タイマーでエアコンが切れた瞬間から部屋の温度は急激に上がりだし、結局、暑くて夜中に起きてしまう、ということがあります。

途中で起きてしまうというは快眠とは決して言えません。結局またエアコンをつけなおして寝ることになります。ですので、快眠には少し高めの寒すぎない温度でつけっぱなし、がいいでしょう。

エアコンの風を直接当たらないようにしておく

最後にエアコンの風についてです。「自動」にしておけばエアコンの羽部分が勝手に動いてまんべんなく涼しい風を部屋中に供給してくれますよね。固定することもできます。

風を自分のほうに向けると涼しくていいのですが、寝るときは自分に当たらないようにしましょう。風が直接当たることにより、設定温度よりもさらに身体が冷やされてしまいます。

せっかく最適な温度に調整しようとしたのに、風で計算がくるって意味がなくなってしまいます。自動設定でたまにあたってしまうのは仕方ないですが、できる限り直接あたらないよう風向きを調整しておきましょう。

暑くて寝れなくてイライラ!そんな事態を即座に収拾する8つのアイデア

2018.06.20

ニトリのひんやり布団『Nクール寝具』がすごすぎる!夏の快眠はここある

2018.06.20

エアコンの設定次第で体調が悪くなる

これまでエアコンの最適な設定について紹介してきましたが、エアコンの設定次第であなたが体調を崩してしまうことだってあります。低くし過ぎていると、当然身体が冷えすぎて風邪の原因になったりもします。

逆に高めに設定し過ぎても暑さが軽減されずに、うまく寝つけなくて日々の疲れもとれないでしょう。エアコンって帰宅後に一度つけると、そこから温度設定を変えることってあまりないですよね。

暑い外から帰ってきて低めの温度設定でエアコンガンガンで涼しく快適に過ごし、そのまま寝てしまうという流れです。この流れではたいていはエアコンの温度設定が低すぎますよね。

じゃあ家に帰ってもエアコンをガンガンにしちゃダメなの?となると、それはイヤですよね(笑)ここで注意してもらいたいのは、寝るときの温度設定を最適にしよう!ということです。

つまり、日中は好きにしてもいいと思います。ただし、寝るときにはちゃんと温度を調整し直して、最適な設定にするという癖をつけてもらえるといいのではないかと思います。

寝起きがだるいと感じる朝の原因や解消するための8つの方法

2018.04.22

まとめ

暑い夜にエアコンは非常に有能な家電となります。そんなエアコンの最適な設定方法など紹介してきました。有能な家電であるからこそ、余計にうまく活用していってもらいたいです。

最近ではマイナスイオンがでるエアコンや、人を感知してくれる賢いエアコンなど様々な商品がでていますが、ここで紹介したエアコンの基本機能はどれも共通で変わらないと思います。

便利すぎるがゆえに、その使い方も雑になりがちなのですが、これを機にあなたのエアコンの日々の使い方を一考してみるのもいいと思います。状況によってうまく使い分けていってくださいね。