失敗しないマットレスの5つの選び方で腰痛対策

睡眠アイテム

マットレスを買い換えよう!と思ってみたもののどんなマットレスを買えばいいかわからない、というあなたのために失敗しないマットレスの5つの選び方を紹介していきます。最高の寝心地を手に入れましょう。

マットレスの役割からその種類、そして、選ぶときのポイントまで一通りの情報をまとめました。最適なマットレスを選ぶことであなたの慢性的な腰痛の対策もできたりもします。

マットレスの種類をまずは選ぶ

マットレス選びに失敗しないためにはまずはマットレスの種類を知って、あなたに合ったものを選ぶ必要があります。それぞれメリットやデメリットがあり、どれがいいかも個人差があります。

お手頃価格で敷くだけで最高の寝心地と腰痛や肩こり対策ができる安眠マットレスはこちら

ボンネルコイルマットレス

ボンネルコイルマットレスとは、ばねのようにらせん状に巻いたコイルスプリングをいくつも連結されたマットレスです。連結されえたコイルスプリングがしっかりと体を支えてくれるのが特徴です。

内部はコイルスプリングですので、通気性がよいのも大きなポイントです。一般的にお手頃な値段で販売されていることが多いです。デメリットとしては揺れやきしみ音が気になるものが多いという点になります。

  • 硬さ:かため
  • メリット:しっかりと体をささえてくれる
  • デメリット:揺れやきしみ音が気になる

ポケットコイルマットレス

次にポケットコイルマットレスについて紹介します。これはコイルスプリングを連結させずに、一つ一つポケットと呼ばれる小さな袋にいれて敷き詰めたものです。面でなく点で体を支えてくれます。

一つ一つがそれぞれ体重の圧力を分散してくれますので、非常にフィット感が高く、寝心地が良いのが特徴です。ただ、生産に手間がかかるためにお値段は少し高めになってしまうことが多いです。

  • 硬さ:ふつう
  • メリット:フィット感が高く寝心地が良い
  • デメリット:通気性はよくはなくお値段も少し高め

ノンコイルマットレス

最後にノンコイルマットレスです。これまでのコイルスプリングを内蔵しているものとは異なり、力をかけるとゆっくり沈み、手を離すとゆっくり戻る特徴がある「ウレタン」という素材が使われます。

このノンコイルマットレスは「低反発マットレス」と「高反発マットレス」の2つに分かれます。それぞれ正反対で特徴も全く異なります。最近では高反発マットレス人気が徐々に高くなってきています。

低反発マットレス

その名の通り、反発が低いのが特徴のマットレスです。反発が低いということは、体が沈み込んだまま、そのまま包み込まれるということです。やわらかめなマットレスが好きな方にオススメです。

体が大きく沈み込むため、マットレスとの接地面が大きくなり、マットレスの温もりを感じることができます。逆に、夏は少し暑く感じるのがデメリットです。ウレタン素材なので通気性はよくありません。

  • 硬さ:やらわかめ
  • メリット:体が包み込まれて心地よい
  • デメリット:腰に負担がかかりやすく、夏は暑く感じやすい

高反発マットレス

最近はやりの高反発マットレスは反発が非常に大きいことから浮いているような感覚を味わうことができます。しっかりと体を支えてくれるため、体への負担も最小限に抑えることができます。

理想的な寝る姿勢を保つことができる非常におすすめのマットレスです。高反発が寝返りの補助もしてくれてメリットが大きいです。ただ、ウレタンなので通気性はあまりよくなく、お値段も少し高めです。

  • 硬さ:ほどよく最適なかたさ
  • メリット:体への負担も抑えられ、寝る姿勢も整えられる
  • デメリット:通気性があまりよくなく、お値段が少し高め

失敗しないマットレスの5つの選び方

マットレスの種類が決まったところで、ここからは本格的に失敗しないマットレスの選び方を紹介していきます。実際に選ぶときはこれらをチェックしていくイメージで選んでもらえればと思います。

とにかく敷くだけでいい寝心地最高のおすすめの安眠マットレスはこちら

選び方1.寝る姿勢が自然と心地よいものになるか

寝転がったときに自然と姿勢が心地よいものになるかという点です。実際に寝転がるのが難しい場合は商品のレビュー記事などを読んでみるとよいでしょう。立っている時と同じような姿勢になるかどうかがポイントです。

寝心地がよく楽な姿勢が自然にできるということは体への負担が少ないということです。体が沈み込み過ぎると姿勢が悪くなってしまうので、ほどよく反発してしっかり体を支えてくれるのが理想です。

8つの寝る姿勢別性格診断であなたの本性がわかる

2017.07.31

選び方2.「寝返り」はうちやすいか

同じ体制のまま眠っていると体への負担が一部の個所にかたよってしまいます。それを防ぐために人間は自然と「寝返り」をうつようにできています。寝返りとは実は自然現象なのです。

寝返りがうちやすいということは、より効率的に体への負担を分散させることができるようになるということです。やわらかめよりもかためのマットレスのほうが寝返りがうちやすい傾向があります。

選び方3.イヤなきしみ音はしないか

コイルスプリングを使用したマットレスではこれは要注意です。イヤなきしみ音がしたとしても体への負担が大きくなるわけではありませんが、そもそもの睡眠の邪魔になります。つまり、寝つきが悪くなります。

どれだけ寝心地が良くても、少し動くたびにギシギシ、ミシミシ、ときしみ音がしていると気になって眠れません。睡眠の質を高めるためにも、静寂を演出できるマットレスを選びましょう。

選び方4.腰は痛くならないか

寝る姿勢が悪くなるマットレスであれば、寝転がっていると腰が痛くなってきたりします。腰痛持ちの方は特に注意が必要です。やわらかすぎるマットレスでよく腰が痛くなったりするものがあります。

敷くだけで腰痛や肩こり対策にもなる寝心地のいい安眠マットレスはこちら

 

しっかりと体を支えて、なおかつ寝る姿勢を整えてくれるマットレスを選ぶことで腰痛自体の解消も実現できます。お値段が少し高めですが、少し奮発してでもやはり高反発マットレスがおすすめです。

つらい腰痛は寝方で改善!今日から苦しまないための3つの治し方

2017.03.17

選び方5.通気性はよいか

通気性が悪いとダニやカビの繁殖を促してしまいます。その結果、アレルギーや喘息に発展してしまう場合もあります。こまめにマットレスを日に当てて干したりしていれば問題はありません。

ですが、あまりそういうことをしない方はそもそも通気性のよいマットレスを選んでおいたほうがよいでしょう。一人暮らしなどですと、面倒であまりマットレスを干したりはしないと思いますので…。

そもそもマットレスの役割とは

マットレスはただ寝心地をよくするだけのものではありません。まず睡眠時の仰向けの体勢は肩から腰にかけて体重が集中します。なんと腰にかかる負担は体重の44%にも達すると言われています。

マットレスにはそんな睡眠時の体重による圧力を吸収、分散することにより体への負担を軽減させる役割を担っています。つまり、いいマットレスというのは体の負担を最小限に抑えれらるマットレスなのです。

体圧分散も完璧で点で支えて自然に最適な睡眠姿勢にしてくれる安眠マットレスはこちら

 

体の負担が少ないということが、寝心地がいい、という結果をもたらしているということです。体を修復して回復させるための睡眠時間が逆に疲れてしまうようなことになっては毎日しんどいに決まっていますよね。

マットレス選びに失敗するとどうなるのか

マットレス選びに失敗するということは、睡眠時にかかる体への負担が大きくなるということです。もちろん寝心地が悪いと感じることから夜の寝つきも悪くなり、不眠症の原因にもなります。

それだけでなく体への負担が大きくなると、本来肉体が回復するはずの睡眠が体へのダメージとなってしまいます。その結果、疲れがとれない日々が続き、さらには腰への負担も増加して腰痛持ちになってしまうこともあります。

人間が生きていく上で必ず行う睡眠という行為に大きな影響を与えるマットレスの価値を認識しておく必要があります。マットレス選びに失敗すると大変なことになりますが、逆に成功すると大きなメリットを得ることもできるのです。

マットレス選びに成功するとどうなるのか

マットレス選びに成功するということは、睡眠時の体への負担を最小限に抑えることができるということです。まず体感としては寝心地が最高によくなります。寝つきもよくなり、毎日ぐっすりと質の高い睡眠をとることができます。

お手軽価格で必要なポイントをしっかり満たしているおすすめの安眠マットレスはこちら

 

睡眠時の肉体の回復も最大限に効果を発揮することができ、体の疲れも寝ればすぐに回復するようになります。自然と体も軽くなり、毎日が明るく活力あるものへと変わっていくでしょう。

さらに、長時間のデスクワークなどで腰痛持ちの方であっても、マットレスを変えただけで腰痛が治った!ということもあります。腰痛持ちの方はまずはマットレスを買い換えることを検討するのもいいでしょう。

まとめ

失敗しないマットレスの5つの選び方を紹介してきました。マットレス選びに成功するかどうかであなたの睡眠が大きく変わります。長年悩まされ続けていた腰痛を改善することもできるでしょう。

どうせなら快適でぐっすりと眠りたいですよね。そのためにもマットレスは少し奮発してでもいいものを使うようにしたほうがよいと思います。高ければいいというものでもありませんが…。

あなたに最適なマットレスはきっと見つかります。それなりに長いスパンで愛用することになるでしょうから、いろいろ見ながらあなたが満足いくまでじっくり探してくださいね。