口内炎が痛くて眠れない!それでもすぐ寝るための5つの対処

夜の寝つき

あなたは口内炎が痛すぎて気になって全然眠れない!という状況ではないでしょうか。私もそのような状況になったことはありますが、非常につらいですよね。イライラしてムカムカして気分は最悪です。

眠気なんて気づいたらふっとんでしまっていて全然眠れる気がしません。そんな夜でもすぐに寝るためにやるべき対処について紹介します。すぐに実践して早く寝ちゃってくださいね。

口内炎が痛すぎて眠れないときの5つの対処

口内炎を一瞬で治せる方法はありません。ですが、その痛みをやわらげて眠れる状態にすることはできます。まずは口内炎を治すことよりも、今晩をしっかり寝ることに集中しましょう。

お手軽に日々の睡眠の質を高めてスムーズな寝つきとスッキリな朝が手に入る睡眠サプリはこちら

1.シールタイプの口内炎専用薬を貼る

これが最も効果的だと思いますが、実際にシールタイプの口内炎専用薬をお持ちの方は対処法を調べる前にまず実践しているかもしれません。それでもあえて言いますが、これが一番いいです。

シールタイプなので口内炎の部分が歯などにあたったときの痛みもやわらぎます。さらに、口内炎に効く成分も配合していますので、治療としても効果的です。まさにドンピシャなのです。

2.ガーゼをあてる

口内炎が痛いのは歯などに接触するためです。ガーゼをあてることで歯などにあたったときのクッションの役割をはたしてくれますので、痛みをやわらげることができます。

ガーゼを口に入れたままになりますので多少の違和感がありますがすぐに慣れます。それに多少の違和感なんて口内炎の痛みに比べたら格段にマシです。ちゃんと清潔なガーゼを使ってくださいね。

3.清潔なセロハンテープを張る

これはかなりイレギュラーな方法です。薬もガーゼもないときの最終手段です。正直オススメはできませんが、ガーゼと同様にクッションをしてくれますので、痛みをすぐにやわらげることができます。

しっかり清潔なセロハンテープを使ってくださいね。それとはがすときには注意してください。だ液で自然とはがれていることも多いですが丁寧にはがしてください。あとは飲み込まないようにもご注意を。

4.牛乳を飲む

牛乳を飲むことでうっすら膜がはられます。これまで紹介してきたものに比べると効果は薄いですが、痛みはやわらぎます。牛乳なら冷蔵庫にあるご家庭が多いと思いますので、とりあえず飲んでみてください。

豆乳などでも代用できます。間違ってもやけになってビールなどは飲まないでくださいね。炭酸が口内炎を刺激して余計に痛くなってしまいますし、睡眠の質を下げてしまう原因にもなります。

5.口を固定する

口内炎ができている個所によっても変わってきますが、口内炎がどこにも接触せずに痛くないポジションがあると思います。まずは口をいろいろ動かしてみて、その最高のポジションを探してください。

そして、その状態でしっかりと口を固定してください。初めは意識的に固定するので眠れないかもしれませんが、徐々に慣れてきます。すると、自然と口内炎も気にならなくなっていて、気が付けば眠っているでしょう。

睡眠の質を高める5つの成分とその効果をまとめてチェック

2017.04.05

寝つきが悪い夜を改善!すぐ眠りたいあなたのための14の対策

2017.02.21

口内炎を本気で完治させる4つの方法

とにかく今すぐ眠って今晩を乗り切る方法を紹介してきましたが、口内炎自体を完治させる方法ではありません。今晩乗り越えたとしてもまた明日同じことになります。憂鬱にさせてしまってすみません。

ですが、それが現実なのです。ちゃんと口内炎と向き合うしかありませんので、時間をかけてでもしっかりと完治させる方法についても紹介しておきます。腹をくくって口内炎と戦いましょう。

1.口内を清潔にするうがい薬を使う

口内炎をより早く治すには、口の中の最近の繁殖を抑えてより清潔な状態を保つことが効果的です。そのためにもうがいをしましょう。単純に水でしっかりとうがいをするだけでも効果はあります。

できれば殺菌作用のあるうがい薬を使えらばより効果的です。薬局などでも売っていますし、口内炎が治った後でもその予防にもなります。口もスッキリで気持ちいですので、ぜひお試しください。

2.ビタミン剤を摂取する

口内炎はビタミン不足によっても引き起こされます。つまり、不足しているビタミンを摂取することで、その治りも格段に早まるということです。具体的には『ビタミンB群』を摂取してください。

ビタミンB群を豊富に含んだサプリメントは薬局やスーパーなどでも手に入るでしょう。中には口内炎に特化した飲み薬もありますので、風邪薬などとあわせて常備しておくことをオススメします。

3.シールタイプの口内炎専用薬を毎日使う

口内炎が痛すぎて眠れないときの5つの対処法としても紹介しましたが、これは本来は口内炎を治すための薬なのです。毎日ちゃんと使うことで、だんだん口内炎も治ってきます。

痛みもあわせてやわらげることができますので、痛みがひどい場合はこの方法しかないかもしれません。商品にもよりますが1箱買えば10回分程度は入っています。これも常備しておくことをオススメします。

4.病院でレーザー治療を受ける

実は口内炎は歯医者で治療することができるのです。しかも、レーザー治療というものがあり、口内炎の部分をレーザーで焼いてしまう治療法です。なんとも痛々しいかもしれませんが、これをすれば即座に治ります。

今すぐにでも治したい場合はこれしかありません。だいたい1500~3000円程度で治療をうけることができます。ただ、レーザーを置いている病院に限られますので、事前に調べておきましょう。

まとめ

口内炎が痛すぎて眠れないときの5つの対処と時間をかけてでも本気で口内炎を治す4つの方法について紹介してきました。まずは今晩を乗り切ることが先決ですので、それだけを考えてください。

そして、明日の朝に口内炎を本気で治すためにどのような対策をとるかを考えましょう。紹介した方法のどれか一つではなく、複数の方法を実践いただければ治りも早くなります。それでは、おやすみなさい!