寝る前の読書習慣がおすすめ!夜だからこその3つの効果とは

夜の寝つき

読書とはいいものです。あなたの知らない知識、知らない世界を「文字を読む」という行為だけで体験させてくれるのが読書です。

読書をすることで簡単に得られない体験を知識としてあなたに蓄積することができます。それらはいつしか何が起こるか想像もつかないあなたの人生の支えになることでしょう。

そして、純粋に「おもしろい」というのも重要ですよね。ここではそんな読書を夜にすることにより得られる「快眠効果」について紹介していきます。

寝る前の夜読書が特にいい理由とは

読書というものはいつやってもいいものだと私は思います。ちょっとした移動の空き時間や、お昼休憩、のんびりとした休日などタイミングは様々です。

普段から読書する方であれば、その人なりの読書のタイミングというものがあるものです。もちろん読書はあなたの好きな時にすればいいでしょう。

ですが、あなたがもし心地よい睡眠を求めているのであれば、夜にこそ読書をするべきです。読書による様々な効果があなたを快眠に導いてくれるからです。

寝る前の夜がおすすめな読書習慣による3つの効果

それではここからは具体的に夜の寝る前の読書習慣がもたらしてくれる3つの効果について紹介していきます。きっとあなたも寝る前に読書をしてみたくなることでしょう。

お手軽に楽してスムーズな寝つきとスッキリな朝が手に入るおすすめの睡眠サプリはこちら

夜の読書でストレス軽減と精神的安定が手に入る

読書には心を落ち着かせて、精神を安定させる効果があるとされています。コーヒーを飲んで一息ついたり、身体を動かしたりしてストレス発散するようなイメージです。

心地よい睡眠をとるためにはあなた自身が寝る前にリラックスできているかが大きくかかわってきます。読書で一日のストレスをリセットしてしまいましょう。

夜の読書で記憶力を向上させる

寝る前に勉強するのはいいとよく言いますよね。一般的には睡眠学習と呼ばれたりもしています。暗記ものなどは特にいいですね。

これは人間が睡眠をしているときに脳が情報を整理してくれるからで、特に寝る前に入った情報はより鮮明に残っていることから、記憶にも定着しやすくなります。

せっかく読書したのですから、あなたの知識としてしっかりと脳に刻み込んでおきたいですよね。勉強と同じで夜こそ読書の絶好のタイミングなのです。

夜の読書のさらによく眠れるようになる

夜になかなか眠れないときなども読書は非常に効果的です。さきほど説明したリラックス効果やストレス軽減効果もそうですが、気持ちを切り替えれるのがポイントです。

色々考え事をして悩んでいるとなかなか寝付けないものです。一度読書で現実逃避してみるのも悪くありません。何も考えずに読書に没頭してみてください。

そうすれば、あなたが抱えていた問題や悩みから一時的かもしれませんが解放されるでしょう。すると、ふとすばらしい解決策が浮かんでくるかもしれませんよ。

これだけは気を付けてもらいたい2つの注意点

夜の寝る前の読書習慣がもたらしてくれる効果について紹介してきましたが、さあ実践しよう!というときに気を付けてもらいたい2つの注意点を紹介しておきます。

お手軽に楽してスムーズな寝つきとスッキリな朝が手に入るおすすめの睡眠サプリはこちら

熱中しすぎて長時間の読書にならないようにする

あなたの快眠を手助けするための読書週間なのですが、熱中しすぎて睡眠時間を削ってしまっては逆効果です。長時間の読書は控えましょう。

確かに読んでいると止まらなくなることはよくあります。ですが、そこは我慢です。毎日読書する時間を決めてしまうといいでしょう。30分くらい読書する!などです。

スマホでの電子書籍は控える

スマホやタブレットなどから発生させるブルーライトは脳を覚醒させて睡眠の妨げになります。つまり、寝る前には見ないようにする必要があります。

ですが、最近では電子書籍が普及してスマホなどで読書する方も多くなっています。普段はそれでいいのですが、夜寝る前には控えたほうがいいでしょう。

どうしても電子書籍が良いという場合は、AmazonさんのKindleを使うようにしましょう。なんとブルーライトがほぼゼロとのことです。

寝つきが悪い夜を改善!すぐ眠りたいあなたのための14の対策

2017.02.21

夜の読書習慣をさらに快適にする5つのアイデア

ここからはあなたの夜の読書習慣を快適にしていくための5つのアイデアを紹介していきます。これをきっかけにあなたも自分なりに快適な読書の仕方を探してみてください。

お手軽に楽してスムーズな寝つきとスッキリな朝が手に入るおすすめの睡眠サプリはこちら

ベッド付近以外の明かりを消してしまう

読書が終わるとそのまま寝れるようにしておくといいでしょう。せっかく読書でリラックスしても、終わった後にあれこれ家事してしまうと意味がありません。

さあ寝れるぞ!という状態になった上で、寝る前の読書を楽しむようにしましょう。そうなると必然的にベッドの上で読書が基本になりますね。

読書のお供には睡眠を促す飲み物を

読書しているだけですが、やはりのどが渇いたりもしますよね。せっかく読書に夢中になっているのに飲み物を取りに行くのは面倒です。

読書前にしっかりと準備しておくのがいいでしょう。さらに、読書のお供にはホットミルクなど睡眠を促してくれる飲み物を選ぶのがベストです。

耳栓で無駄な雑音をシャットアウト

家の中とはいえ、いろんな雑音が聞こえてくるものです。他の家族の声や外の騒音などさまざまな雑音があなたの読書の邪魔をします。

心地いい風の音などであればいいかもしれませんが、雑音は不要です。しっかり耳栓して雑音をシャットアウトすることで、さらにあなたは本の世界に没頭できます。

ネックピローをつけて首元も楽々

ベッドでもたれかかって読書をしていると首が疲れてきたりします。肩こりの原因になってしまうこともあるかもしれません。

そんなときにはネックピローをつけるのがおすすめです。無印などで販売されている旅行用のネックピローをつけるだけで首元が非常に楽になって、リラックス効果も増加します。

アロマでさらにリラックスしながら読書する

非常に優雅な寝る前の読書週間になりますね。そもそもアロマにあるリラックス効果の恩恵もうけることができる一石二鳥な方法です。

最近ではお手軽にアロマを楽しめるアイテムもたくさんありますので、あなたの気分や本のジャンルにあわせてアロマを選ぶのも楽しそうですね。

まとめ

夜の寝る前の読書習慣の効果や注意点について紹介してきました。さらにあなたの夜の読書環境を最適にするアイデアもあわせて紹介しました。

もともと読書をよくする方も普段はあまり読書をしない方も、誰にでもおすすめできるのが夜の読書習慣です。まずは読みたい本を探しましょう。

ジャンルは何でもいいです。あなたが読みたい!知りたい!と思う本を見つけることが読書習慣への第一歩です。ぜひとも生活に取り入れてみてください。