旦那のいびきがうるさい!そのイライラを止めるための7つの対策

夜の寝つき

旦那のいびきがうるさい!毎日全然眠れない!そんなイライラを感じている奥様は少なくないでしょう。いびきというものは意識せずとも知らないうちにでてしまっています。旦那にも悪気はありません。

ですが、眠れないのよくありません。旦那のいびきを解消させて二人でぐっすり眠れる環境を取り戻すための7つの対策を紹介します。今日からできる簡単なものばかりですので、ぜひ試してみてください。

旦那のいびきがうるさい!そんなイライラを解消する7つの対策

それでは旦那のいびきがうるさくてイライラを感じているときにやるべき7つの対策を紹介していきます。ほとんどが旦那の寝るときのちょっとした注意になります。夫婦でしっかり話し合って協力しながら解決しましょう。

治療実績17,000件以上の「実績・根拠・評価」のすべてが揃う専門の治療院はこちら

1.耳栓をして寝る

まずは奥様のほうでできる対策として、耳栓をして寝るというものがあります。耳栓をすることで旦那のいびきも気にならないものになるでしょう。さらに、いびき以外のノイズもしっかりカットしてくれます。

その結果、睡眠の質自体をあげることもできます。最近はコンビニでも耳栓を売っていたりしまうので、ぜひお試しください。ただ、目覚ましが聞こえにくくなりますので、寝坊には注意してください。

2.旦那の枕の高さを低くする

いびきは寝ている時に舌の筋肉が緩んで気道をふさいでしまうことで発生します。枕が高いと気道がさらにふさがりやすくなってしまうため、よりいびきが発生しやすくなってしまいます。

それを防ぐために、旦那の枕の高さを低くします。枕が低くなることにより、気道がしっかりと確保されやすくなり、いびきが減少するでしょう。これを機にマイ枕など購入するのもいいかもしれません。

枕の正しい高さを調べて肩こりや頭痛を解消しよう

2018.04.22

オーダーメイドのマイ枕の口コミや評判を調査!快適な睡眠が手に入るのか

2017.03.20

3.旦那に寝酒をやめてもらう

寝酒をすることにより、舌の筋肉がより緩みやすくなります。普段お酒を飲まない方でも、お酒を飲んだときだけいびきをかいてしまうこともあるほど、お酒はいびきの大きな原因となるのです。

寝酒をすることにより、いびきだけでなくそもそもの睡眠の質を下げてしまうことにもなります。健康にもよくありませんので、これを機に寝酒を控えるようにしてみるといいでしょう。

飲酒後の眠れない夜を防ぐ寝る前の8つの対策で睡眠の質を高める

2017.03.22

飲酒後は寝れない?アルコールで睡眠が浅くなる理由

2017.03.22

4.旦那に横向きで寝てもらう

実はいびきというものは仰向けに寝ているときに発生するのがほとんどなのです。横向きに寝れば舌の筋肉が緩んでも気道が完全にふさがることはほとんどありませんので、いびきをかかなくなります。

普段から仰向けで寝ている場合は少し寝づらく感じるかもしれませんが、徐々に寝れてくるでしょう。お互い横向きで向かい合って眠るのも、少し照れくさいですが円満な夫婦仲にいいかもしれません。

5.旦那に鼻呼吸を意識してもらう

いびきは口呼吸をしているときに発生することが多いです。つまり、鼻呼吸を意識することでいびきの発生を食い止められるようになります。鼻呼吸であれば自然と口もふさがりますので、さらにいびきを予防できます。

鼻呼吸を意識するというよりも、口をふさいでおく、ということを意識すれば自然と鼻呼吸になるでしょう。ちょっとした気遣いでいびきが解消できますので、旦那に提案してみてください。

6.旦那にダイエットしてもらう

肥満がいびきの根本的な原因になってしまうこともよくあります。若い頃はいびきなんてかくことはなかったのに、中年になりだすとかくようになってきたのはこのパターンが多いです。

首周りに無駄な肉がついてしまい、寝ている時に舌が落ちて無呼吸症候群の要因になります。その結果としてのいびきです。痩せるだけでいびきが改善することもよくあります。

7.旦那に専門の治療院に行ってもらう

もうどうしようもない!となったら専門の治療院に行くのも対策の一つです。最近ではレーザー治療というものもあります。具体的には喉の奥ののどちんこ周辺をレーザーで焼き切るというものです。

実に痛々しいですが、場合によっては痛くないこともあるそうです。いびき解消の確率がかなり高いようですが、かなり怖いですよね。レーザー治療にはそれなりの覚悟がいると思いますので、じっくり考えてください。

治療実績17,000件以上の「実績・根拠・評価」のすべてが揃う専門の治療院はこちら

いびきを本気で治す!自力も含めた8つの治し方

2017.03.28

いびきが命に関わることもある

最後にいびきの危険性についても紹介しておきます。いびきはただただうるさくて夜を不快にするだけのものではありません。いびきをかくということは無呼吸状態になってしまっているということです。

いびきにより無呼吸状態が睡眠時に繰り返されることで、心筋梗塞や脳梗塞といった命に関わる病気に原因になることもあります。いびきは命に関わる重大な問題です。安易に考えず、しっかりと夫婦の問題として解決しましょう。

まとめ

旦那のいびきがうるさくてイライラが止まらないときの7つの対策と命にかかることもあるいびきの恐ろしい真実について紹介しました。いびきをかいても何一ついいことなんてありません。悪いことばかりです。

まずは旦那に問題意識を持ってもらえるようにちゃんと相談して話し合ってください。その上で、夫婦で協力していびきという重大な問題にアプローチしていきましょう。必ず解決できますので、あきらめないでください。