睡眠薬とアルコールの同時摂取にあたる副作用や効かない理由

睡眠コラム

睡眠薬とアルコールを同時に摂取してはならないというのは有名な話ですね。風邪などひいてしまって病院にいって薬をもらったときなどもアルコールと同時に服用してはならないと注意がありますね。

もはや一般常識といっても過言ではないことですが、実際に睡眠薬とアルコールを同時に服用してはならない具体的な理由はご存知でしょうか?もしも同時に服用したときのリスクについてはご存知でしょうか?

意外と知られていないその『危険性』とそれを回避するための『回避策』についてここでは紹介していきます。今後の人生において知っていて損のない大切な知識になると思います。

睡眠薬とアルコールの関係性とは

よく寝つきが悪い方が睡眠薬を服用するのがクセになっていることがあります。あわせて寝る前にお酒を飲まないと寝られないという寝酒がクセになっている方もいます。

それらが合わさってお酒を飲んだ後に睡眠薬を飲んで寝るという習慣がある方もいます。睡眠薬を飲んで寝ることがクセになっている方は、たまにある飲み会のあとでもいつも通りに睡眠薬を服用して寝るというケースがあります。

このようにして睡眠薬とアルコールを同時に摂取してしまうケースは日常生活でも起こりえるのですが、やはりそれはよくないことです。一度やってみて仮に問題なかったとしても、確かなリスクがそこにはあるのです。

睡眠薬とアルコールを同時摂取したときの2つの危険性

それでは睡眠薬とアルコールを同時に摂取してしまった際の具体的な○つの危険性について紹介していきます。必ずしもこれが起こるということありませんが、その危険性が確かにあるというものになります。

1.睡眠作用が長引いて眠気が翌日も持続する

睡眠薬にはもちろん睡眠作用があり、同時にアルコールにもその作用があります。両方に共通するものとして脳の活動を強制的に抑制してしまうという点があります。その結果、眠りやすくなるのです。

睡眠薬だけでも十分なほどの作用があるにも関わらず、アルコールの作用も加われば、当然ですが過剰に作用してしまいます。その結果、本来は一度の睡眠でとけるはずの作用が強すぎるために翌日にも持続してしまいます。

脳がうまく覚醒せずに、日中でも頭が回らなくボーっとして日常生活に支障が出てしまいます。仕事はもちろんですが、デートなどでも同様にボーっとしまいがちになります。ケンカのもとですね…。

メカニズム

アルコールが肝臓で分解されていることはご存知かもしれませんが、実は睡眠薬も肝臓で分解されます。睡眠中に体内では分解作用が働いて肝臓はフル稼働している状態になります。

まずは先に摂取されたアルコールが分解されていくのですが、アルコールの分解には非常に時間がかかり、睡眠薬の分解が進まないまま朝を迎えてしまいます。すると、朝でも睡眠薬の作用が持続してしまい脳を強制的に抑制してしまう、ということです。

2.睡眠作用が弱まって夜中に目が覚めてしまう

さきほど紹介した1の作用と矛盾しているのですが、この2の危険性もあるということを知っていただきたいです。どちらの危険性がより強くでるかは個人差があったり、その時その時で変わったりもします。

アルコールには脳を覚醒させるという作用もあります。それはアルコールが分解されるときに起るのですが、その結果、睡眠作用が夜中に弱まって睡眠も浅くなり、変な時間に目を覚ましてしまうということが起ります。

これは持続時間の短い睡眠薬を服用している場合に多いです。睡眠薬の持続時間が切れてしまった後にアルコールの作用で目を覚ましてしまうというところです。さらに怖いのが、目を覚ました時点ではまだ睡眠薬の副作用が残っているという点です。

アルコールの作用で変な時間に目を覚ましてしまったために睡眠薬の副作用も色濃く残った状態で活動しようとしてしまうと、以下のような危険性があります。その他の異常な現象が起こりやすくもなってしまいます。

  • 奇異反応…不安や緊張が高まり攻撃的な行動や錯乱状態になる、など
  • 異常行動…冷蔵庫の中のものを片っ端から食べてしまう、など
  • 健忘…夜中に目が覚めた後の行動を忘れてしまう、など
  • 筋弛緩作用…うまく体が動かず転倒して骨折していまう、など

メカニズム

アルコールを体内で分解すると「アセトアルデヒド」という成分が生成されます。これは二日酔いの原因などにもなる成分ですが、このアセトアルデヒドには脳を覚醒される作用があります。

アルコールを分解するとき、つまり夜中にこの「アセトアルデヒド」が生成されることで、変な時間に脳が覚醒して目を覚ましてしまう、ということです。睡眠薬の作用が持続していれば、それでも眠れたります。

ただ、睡眠薬の作用が切れてしまっていれば、当然ですが脳が覚醒して目を覚ましてしまいます。睡眠薬も効果が終わり、ちょうど副作用が出始めるタイミングなので、まさに負の連鎖と言えるでしょう。

危険性を回避するための3つのアイデア

睡眠薬とアルコールを同時に摂取してしまうことによる危険性については知っていただけたと思います。それではそれを回避するための3つのアイデアを紹介していきますので、参考にしてもえたらと思います。

1.睡眠薬の常時服用をやめる

お酒をやめるのは非常に難しいです。たとえ寝酒の習慣を改善したとしても、日常生活において飲み会などで夜にお酒を飲むことは頻繁に発生します。ですので、お酒よりは睡眠薬の服用をひかえるほうが望ましいでしょう。

睡眠薬というものは飲めば飲むほど効果が薄れていくものです。ですので、常時服用している方は睡眠薬の効果よりも『服用する』という行動に依存しているケースもあります。案外やめても寝つき度合いは変わらないこともあります。

まずは数日でも意識的に睡眠薬の服用を控えてみて、自分が睡眠薬なしでも案外眠れるかどうかを確認してみてください。もし大丈夫であれば、自然に睡眠薬の服用習慣は改善していけるでしょう。

2.危険性についてしっかりとアタマに叩き込んでおく

人間は認識さえしていればしっかりと対策して注意することができます。例えば、2の危険性が起こりえる夜中に目を覚ましてしまうという状況になったとしても、筋弛緩作用などのことをしっかりと理解していれば注意します。

トイレに行きたくなっても体がうまく動かない危険性があることが分かっていれば、そっと注意しながら体を動かし、転倒などのリスクを最小限にすることができます。何事も心構えで変わるということです。

しっかりと危険性について理解して、それが起こりえるということをアタマに叩き込んでおけば、自然と注意して行動できるため、リスクも最小限に押させることができるでしょう。

3.寝つきをよくするような別の習慣を作る

そもそも寝つきがよければ睡眠薬など服用する必要性はありません。睡眠薬に頼るのではなく、別の方法であなたの睡眠の質を高めて、寝つきをよくしていける習慣を取り入れてみてはいかがでしょう。

睡眠の質を高めて寝つきをよくする習慣というのは非常に多くの種類があり、そのどれがあなたに適しているかもやってみないとわかりません。個人差がありますので。こちらの記事を参考にしていろいろ試してみるのもいいでしょう。

寝つきが悪い夜を改善!すぐ眠りたいあなたのための14の対策

まとめ

睡眠薬とアルコールを同時に摂取する危険性とそれを回避するアイデアを紹介してきました。もし睡眠薬の服用と寝酒が習慣化してしまっている場合は紹介してきた事象がいつ起こってもおかしくない状況です。

さらに、確実に起こるわけではないので軽く考えられがちになってしまうのもポイントです。気が抜けてしまっているときこそ最悪の事態が起こる可能性が高まるものです。何が起こるかわからないのです。

リスクは可能な限り背負いたくはないですよね。それに気づいた今こそが悪い習慣を見直すチャンスです。これを機に、あなたの睡眠に関する習慣を改めて見直して、改善してみてはいかがでしょうか。