バナナは寝る前に食べると睡眠にいい!その理由と食べ方とは

睡眠コラム

バナナは世界中でよく食べられている有名な果物ですね。スーパーやコンビニでもお手軽で比較的安価で手に入る果物です。どちらかというとバナナは朝食のイメージが強いかなと思います。

毎朝バナナを食べる習慣がある方もいるかもしれません。運動前や運動後のエネルギー補給にバナナを食べる習慣があったりする方もいるかもしれません。ですが、そんなバナナは実は睡眠にも効果的な食べ物なのです。

あまり知られてなかったりもしますが、寝る前のバナナが実は睡眠に非常にいい効果があったりするのです。そんなバナナの睡眠に関する効果について詳しく紹介していきます。

寝る前のバナナが睡眠にいいのはこの3つの成分のおかげ

バナナには睡眠に効果的な3つの成分が含まれています。これらを含むためにバナナは睡眠に効果的な食べ物だとされているのです。毎朝のバナナ習慣を毎晩のバナナ習慣に変えるときかもしれませんね。

お手軽に楽してスムーズな寝つきとスッキリな朝が手に入るおすすめの睡眠サプリはこちら

睡眠に効果的な成分1:トリプトファン

バナナにはトリプファンと呼ばれる睡眠の手助けをしてくれる成分が含まれています。このトリプトファンは睡眠ホルモンとも呼ばれ、睡眠に非常に重要な成分の一つとして有名です。

トリプトファンをもとにセロトニンやメラトニンといった睡眠を促してくれる成分が合成されます。このトリプトファンが不足すると不眠症や睡眠障害になってしまうこともあります。まさに睡眠のための成分なのです。

睡眠に効果的な成分2:マグネシウム

バナナに含まれるマグネシウムには筋肉の緊張をほぐして神経もおだやかにしてくれる効果があります。つまり、気分を落ち着けて眠りに入りやすい環境を整える手助けをしてくれるということです。

さらに、心臓の鼓動を整えたり血圧をコントロールする手助けもしてくれます。これらの効果により、結果的にリラックスして深い眠りにつきやすくなります。夜中に目を覚ましやすい方はマグネシウムが不足しているのかもしれませんね。

睡眠に効果的な成分3:カリウム

バナナに含まれるカリウムにもマグネシウムと同様にリラックス効果があります。カリウムはミネラルの一種で、これが不足すると不眠症の原因になったり、無気力状態が続き、ボーっとしたりしてしまいます。

カリウムはバナナ以外にも干し柿や野菜に多く含まれています。一人暮らしなどで不摂生な食生活が続くと不足しがちです。日頃からバランスのよい食事を心がけておくことも睡眠にとっては重要ということです。

バナナのおすすめの食べ方5選

バナナが睡眠に効果的な食べ物だと紹介してきましたので、これからバナナ習慣を始めようかと考えている方もいるかもしれません。そんな方のためにバナナのおすすめの食べ方を5つ紹介しますので参考にしてください。

毎日数粒飲むだけで簡単に継続できるのに睡眠に違いがでるおすすめの睡眠サプリはこちら

やっぱりそのままかぶりつきたい

バナナと言えば、皮をむいてそのままかぶりつくのが一番!という方もいるでしょう。実は私もその一人だったりもします。なんといってもパッと食べれてすぐにおいしいです。

小腹をすいたときにお手軽に食べれるように冷蔵庫には数本のバナナを常備していたりもします。しっかり料理するときもありますが、基本はやはりそのままがいいですね。これぞバナナの代表的な食べ方です。

一口サイズにカットしてヨーグルトを一緒に

朝食のような雰囲気になりますが、バナナを一口大にざっとカットしてヨーグルトをかけて食べるのもアリです。実はヨーグルトも睡眠に効果的な食べ物の一つなのです。睡眠効果もより増加させれます。

どちらも朝食のイメージですが、夜のデザートとしても非常に有効な組み合わせです。そして、なによりもおいしいですね。そこに少しハチミツをかけて食べるのもいいでしょう。実はハチミツも睡眠に効果的だったりもします。

寝る前のヨーグルトが良い3つの理由とおすすめの食べ方5選

2017.09.11

ドライバナナにしてみる

ドライバナナという選択肢もあります。乾燥させることにより、バナナの甘みをさらに引き立ててくれます。さらに、バナナを長期的に保管しているとどんどん黒くなってしましますが、ドライバナナにするとより長期保管できます。

コンビニやスーパーなどで見かけるバナナチップスではなく、ちゃんとしたドライフルーツのドライバナナにしてくださいね。おやつ感覚でお手軽に食べれますので小腹がすいたときにもピッタリです。

がっつりデザートのバナナクレープもいい

本格的なスイーツになってしまい、お手軽感はなくなってしまいますがクレープにしてみるのもアリです。お家で本格スイーツを作って食べるのも、大人の夜の楽しみの一つかなと思います。

クレープの生地はスーパーなど専用の粉を買えば簡単につくれますので、後はバナナやチョコレートソース、生クリームなど好きにトッピングして完成です。ただ、高カロリーなので食べ過ぎは注意ですが…。

ミキサーでグリーンスムージーに

バナナだけでなく野菜や他のフルーツも同時に摂取できて便利なのがこのグリーンスムージーです。グリーンスムージーと言えば少し苦いような思われるかもしれませんが、バナナを入れることで劇的においしくなります。

おすすめはバナナとリンゴをベースにホウレンソウやこまつななどの野菜を混ぜる作り方です。幅広い栄養素を同時に飲むだけで摂取でき、なおかつおいしいという非常におすすめの料理方法です。

まとめ

寝る前のバナナが睡眠に効果的な理由とそのおすすめの食べ方を紹介してきました。バナナはそもそも栄養補給という面でも非常に優秀な食品です。身近で安価なため日頃からよく食べる方も多いのではないでしょうか。

そんなバナナを睡眠という観点で寝る前に食べる習慣を始めてみるものいいと思います。ただ、それなりにカロリーも高い食品ですので食べ過ぎには注意です。ついついもう一本といきたくなりますが、そこは我慢です。