寝る前のアーモンドが睡眠にいい効果があるのは本当か

睡眠コラム

アーモンドは日頃からよく食べる機会のある日常的な食品の一つです。アーモンドを単体で食べることは珍しくとも、アーモンド入りのチョコレートやアーモンドバターなどアーモンドが入った食べ物はたくさんあります。

朝は食パンにアーモンドバターをぬって食べる!という方も多いでしょう。そんなアーモンドですが、実は寝る前に食べることで睡眠にいい効果があるという一面もあります。ここではアーモンドの睡眠に関する効果を紹介していきます。

寝る前のアーモンドが睡眠にいい2つの理由と効果

それでは具体的に寝る前のアーモンドが睡眠の質をあげて快眠をもたらしてくれる2つの理由と効果について紹介していきます。アーモンドは日々の快眠に非常に重要な成分をたっぷり含んでいるのです。

お手軽に楽してスムーズな寝つきとスッキリな朝が手に入るおすすめの睡眠サプリはこちら

アーモンドはマグネシウムをたっぷり含む

アーモンドは快眠にとって非常に大切なマグネシウムをたっぷり含んでいます。マグネシウムは筋肉の緊張をほぐし、神経をおだやかにしてくれる効果があります。つまり、気分を落ち着かせてくれます。

このリラックス効果により、睡眠時により深い眠りにおちやすくしてくれるのです。夜中になぜかよく目が覚めてしまう、という方はマグネシウムが不足しているのかもしれません。そんなときこそアーモンドです。

アーモンドはカルシウムも併せ持つ

さらに別のアプローチで快眠を促してくれるカルシウムもアーモンドは併せ持っています。カルシウムをするとイライラが解消されるとよく耳にしますが、これはカルシウムに興奮を抑えてくれる作用があるためです。

脳の興奮を抑え、リラックスさせてくれるのです。マグネシウムで肉体をリラックスさせ、カルシウムで脳をリラックスさせる合わせ技です。その結果、さらに深い睡眠を促して快眠することができるのです。

寝つきが悪い夜を改善!すぐ眠りたいあなたのための14の対策

2017.02.21

アーモンドのおすすめの食べ方3選

アーモンドが睡眠にいい食べ物であることを紹介してきました。ここからは寝る前ににアーモンドを食べようと思っている方もいるかもしれませんので、3つのおすすめの食べ方もあわせて紹介していきます。

毎日数粒を続けるだけで簡単にスムーズな寝つきとスッキリな朝が手に入るおすすめの睡眠サプリはこちら

ローストアーモンドをおつまみに

コンビニやスーパーなどでアーモンドが単体でお菓子として販売されていたりしますが、これらはたいていはローストアーモンドと呼ばれるものです。ローストとは焙煎のことです。

つまり、火を通しているということです。基本的には生のアーモンドのほうが栄養素は高いのですが、保存や味などを考慮するとローストアーモンドもおすすめできます。おつまみにも最適ですね。

やっぱりアーモンドバターが好き

やっぱりアーモンドといえばアーモンドバター!という方もいるかもしれません。甘くておいしいアーモンドばらーは食パンに最高にマッチします。ただ、快眠効果を得るためには夜にアーモンドを摂取しなければなりません。

夜も食パンにアーモンドバターをぬって食べるのもいいですね、シフォンケーキやパンケーキにぬってデザートにするのもアリです。バニラアイスなどにぬってアーモンドバニラにするのも案外おいしいです。ヨーグルトに混ぜるのもおいしそうですね。

寝る前のヨーグルトが良い3つの理由とおすすめの食べ方5選

2017.09.11

アーモンドミルクもおいしくておすすめ

野菜ジュースなどが最近は流行っていたりもしますが、それとあわせてアーモンドミルクというものもあります。コンビニやスーパーで小さなパックになったアーモンドミルクが販売されていたりします。

その名の通り、アーモンドが入ったミルクです。アーモンドとミルクの相性は抜群で、味も非常においしい上に飲むだけですので習慣化しやすいです。さらに牛乳のカルシウムもあわせて摂取できて快眠効果もさらに増加します。

まとめ

寝る前のアーモンドが睡眠にいい効果がある理由や効果とその食べ方をあわせて紹介してきました。アーモンドは睡眠の質を高めて日々の快眠を手助けしてくれるすばらしい食品です。しかも、おいしいですよね。

特にアーモンドミルクは非常におすすめです。小さなパックでコンビニやスーパーでお手頃価格で販売されています。あなたも寝る前のアーモンド習慣をはじめて、毎日の心地よい睡眠を手に入れてもらいたいです。