デキる社会人になるための早起きの8つのコツと3つの効果

朝の目覚め

デキる社会人はやはり早起きなイメージがあると思います。朝からキリっと時間を有効活用しています。そんなデキる社会人になるための早起きの8つのコツを紹介していきます。

早起きを習慣化するには最初は苦労するかもしれませんが、少し気合をいれてコツをつかめば自然とできるようになります。そして、その頃にはデキる社会人になれる3つの効果も実感できていることでしょう。

デキる社会人になるための早起きの8つのコツ

早速ですが、できる社会人になるための早起きの8つのコツを紹介していきます。早起きというのは慣れないうちにはつらいものです。それでも慣れれば何の苦もなく早起きできるようになりますので、頑張って早起きを習慣化していきましょう。

とにかく楽して早起きしたい方のためのスッキリな朝を実現する睡眠サプリはこちら

コツ1.朝起きてすぐに日光を浴びる習慣をつける

人間の脳は日光をあびることによる正確に朝と認識できます。朝と認識することで脳が覚醒を始めます。つまり、朝起きてすぐに日光をあびるということで、脳が覚醒するまでの時間を最短にできます。

ジョギングしてみたり、ベランダにでてみたりと、外にでれればなおいいですが、難しい場合はカーテンを開けて窓ごしに日光をあびるだけでもよいです。朝日は気持ちいいですので、気分も晴れやかになります。

コツ2.まずコップ一杯の水を飲む習慣をつける

朝起きてからコップ一杯の水を飲む習慣をつけるのも効果的です。水を飲むことで内臓が動き出します。つまり、体の内側から目を覚ますことができます。冷たいものを飲むと気分もシャキッとします。

さらに、水を飲むには起き上がる必要がありますので、目覚めた後にそのまま布団の中でゴロゴロを無駄な時間を過ごすこともなくなります。実に効率的な朝の習慣の一つです。

コツ3.朝食を必ず取る習慣をつける

一人暮らしをしている方は特に注意ですが、朝食をとる習慣がない人が非常に多いです。これは早起きに関わらず、健康的な意味でもよくありません。健康を維持するためにも朝食をとる習慣は重要です。

さらに、朝食をとるということは、朝にそれなりの時間の余裕をもって起きる必要があります。自分で作る場合はさらに早く起きる必要があります。つまり、自然と早起きが習慣になるということです。

朝の目覚めがすっきり良くなる12の食べ物でスムーズな寝起きを

2017.03.31

コツ4.朝の準備にどれくらいかかるか計算しておく

朝の準備にどれくらいかかるかは人それぞれです。男性か女性かでも大きく変わってくるでしょう。あなた自身が朝の準備にどれくらいかかるかをしっかり計算しておく必要があります。

そうでなければ、何時に起きればいいかがわかりません。つまり、目標があいまいになるということです。人は目標があいまいであれば行動のあいまいになります。いつ起きればいいかを明確にしておきましょう。

コツ5.寝る時間と起きる時間を固定する

毎日の生活リズムの話になりますが、寝る時間と起きる時間は固定しておいた方がいいです。しっかりと固定していれば、目覚ましなんてなくても勝手に体が目覚めるようになってきます。

人間の体内時計はすばらしいです。朝の決まった時間の少し前くらいに勝手に目が覚めるようになるでしょう。そうなるまでは自分の意志で寝て、起きる必要があります。しんどいのは最初だけです。

コツ6.早起きする目的を作る

あなたがなぜ早起きをする必要があるのか、それをより明確にするために目的を作りましょう。目的といっても大したことではありません。朝起きたら明日は目玉焼きとウインナーの朝食を作ろう、などでもいいです。

つまりは、明日朝起きて何をするか考えておくということです。これは毎日変える必要はありません。毎日同じ目的を作ってルーチン化するのもいいでしょう。早起きしてジョギングをする、などすばらしいですね。

コツ7.スヌーズに頼らないようにする

スヌーズという目覚ましを止めた後に10分間隔など定期的にまた目覚ましを鳴らす機能があります。最近のスマホアプリでは非常に細かい設定もできる高性能なものも多くあります。

ですが、早起き習慣をつけるにあたり、このスムーズには頼らないようにしましょう。スムーズに頼ってしまうと、目が覚めてから「また鳴るしもう少しだけ寝よう…」という気持ちが芽生えてしまいます。

朝の寝起きの人間の意志は非常に弱いです。「もう少しだけ…」なんて思ってしまったら最後です。絶対に二度寝して、そのままずるずるとグダグダな朝になってしまいます。スヌーズは一種の麻薬のようなものなのです。

うまく二度寝する方法をマスターしてスッキリ目覚める5つのポイント

2018.04.15

コツ8.まずは無理矢理にも早く起きる

とはいえ今まで早起きをしていなかった方が早起きな朝型に切り替えるのはしんどいものです。それでも早起き習慣をつけるためには、とにかくまずは無理や市でも早く起きる、というのが大事です。

早く起きれば自然と夜は早く眠たくなってきます。そこで我慢せず早めに寝れれば、しっかりと睡眠時間を確保した上で翌日も早く起きれます。だんだん早起きがしんどくなくなってきますので、最初は気合をいれて早く起きましょう。

寝起きがだるいと感じる朝の原因や解消するための8つの方法

2018.04.22

目覚めがスッキリする方法!早起きして朝活するための5つの習慣

2017.03.13

コツをつかんで早起きできると得られる3つの効果

見事に早起きのコツをつかんで習慣化できたときに実感できるうれしい3つの効果について紹介します。朝を真に有効活用できるようになり、忙しい社会人でもしっかりとあなたのための有意義な時間を確保できるようになります。

飲んでるだけで自然とスッキリな朝が手に入るオススメの睡眠サプリはこちら

頭がよく回るようになる

早起きをすることでしっかりと脳が覚醒した状態で1日を送ることができるようになります。逆に早起きをできず、ギリギリに起きてバタバタした状態で会社にいったりすると、頭がボーっとした状態でのスタートになってしまいます。

しっかりと早起きをして脳を覚醒させることで、朝からバリバリ仕事でも何でもやりたいことをできるようになります。つまり、スタートダッシュです。ロケットスタートで最高の1日を駆け抜けましょう。

1日を長く感じることができる

実際に睡眠をとっている時間が同じだとしても、人間は朝から早起きをしたほうが1日を長く感じることができます。これは脳がしっかりと覚醒している時間が長いからだと思われます。

さらに、1日が長く感じれるということは、それだけいろんなことをすることができるということです。充実したよい1日になるとも言い換えられます。早起きしてあなたのやりたいことを存分に楽しみましょう。

最も元気な時間を自分のために使える

朝は人間が最も活力のある元気な時間です。しっかり睡眠とった上で早起きした朝は最高です。集中力もいつもよりも自然と高まり、勉強でも仕事でもなんでも普段以上のパフォーマンスをだせるでしょう。

早起きできずに起きてすぐ会社にいってしまうと、もっとも活力ある時間を会社のために使ってしまうことになります。それも悪いことではありませんが、どうせなら自分のために使っていきたいですよね。

まとめ

デキる社会人になるための早起きの8つのコツとそれを実現した時に実感できる3つの効果について紹介してきました。1日や2日程度ならだれでも早起きすることはできるものです。

肝心なのはそれを習慣化することです。それはただ単に早く起きるだけではうまくできないでしょう。朝食をとったり、勉強したり、体を鍛えたりと、何か早起きをする目的を持つことが成功の秘訣です。

早起き習慣を身につけて、充実した有意義な毎日を送れることを願っています。忙しい現在人でもデキる社会人というのはしっかりと自分の時間を確保して有意義な人生を送っているのです。